« 赤霧島はどこにある? | トップページ | Charles Mingus - Mingus at Antibes (1960年) »

2012年11月16日 (金)

Chick Corea - Three Quartets (1981年)

チック・コリア Three Quartets

Chick Corea (チック・コリア)
Three Quartets (スリー・クァルテッツ) 1981年

チック・コリアのアコースティック作品は探せばいろんな名作が出てきますが、この作品は上位に位置するひとつだと思います。メンバーは1970年代を駆け抜けた凄腕の方々で驚きました。チック以外は既にステップスというグループで顔を合わせてます。一人一人が呼吸を合わせつつ強い個性をぶつけ合っている感じで、なかなか白熱した演奏が楽しめます。

全曲チックが作曲してるので、なんとなくリターン・トゥ・フォーエバーの延長線的な曲調になってるかと思う。まず1曲目から4曲目の「Quartet」は個々のインプロヴィゼーションが白熱しており、会話をするようかの演奏が聴けて楽しいです。「フォーク・ソング」はチックお得意のラテン・リズムの曲で、メロディーが名曲「スペイン」と同じぐらい良いですね。曲も演奏も素晴らしいのでほんと豪華な音です。

今は亡きマイケル・ブレッカーのスリリングな演奏はとても存在感があり、かなり耳に入ってきますね。評論家たちに機械的と馬鹿にされていたらしいが、だからといって冷たい音という感じでなく、しっかり感情のこもった正確な音というのが正しいかと思う。チックのリーダー作ではあるが、間違いなく主役はマイケルですね。

■メンバー
チック・コリア (p)
マイケル・ブレッカー (ts)
エディ・ゴメズ (b)
スティーヴ・ガッド (ds)

■曲リスト
1. Quartet No.1
2. Quartet No.3/Quartet No.2
3. Part 1 (Dedicated To Duke Ellington)
4. Part 2 (Dedicated To Duke Ellington)
ボーナストラック
5. Folk Song
6. Hairy Canary
7. Slippery When Wet
8. Confirmation

« 赤霧島はどこにある? | トップページ | Charles Mingus - Mingus at Antibes (1960年) »

チック・コリア」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤霧島はどこにある? | トップページ | Charles Mingus - Mingus at Antibes (1960年) »