« 新潟銘酒「久保田 萬寿」に文字をエッチング | トップページ | Wynton Kelly - Kelly Blue (1959年) »

2012年10月22日 (月)

Wes Montgomery - Boss Guitar (1963年)

ウェス・モンゴメリー/ボス・ギター

Wes Montgomery (ウェス・モンゴメリー)
Boss Guitar (ボス・ギター) 1963年

オルガン、ドラムによるトリオ作のたぶん第2弾。オルガンはメル・ライン(メルヴィン・ライン)が再び登場。この人はジミー・スミスと並んでもいいくらい良いサウンドを出してくれるのでかなりお気に入りです。ドラムは強い個性は無いが元気のよいドラミングが魅力のジミー・コブ。この2人との良い相性がウェスの魅力を最大限に引き出せているかと思う。1959年のトリオ作よりテンポが良く明るい曲が増え、演奏の雰囲気も楽しげなのがよい。

まず有名な「ベサメ・ムーチョ」を先頭にもってくるとはちょっと卑怯なと思うかもしれないが、この戦略は大成功。一気にこのトリオの魅力へとはまって行く。テンポよくスィンギーなアレンジにはかなり興奮させられる。「ディアリー・ビラヴド」のメロウなギターも素晴らしい。フィンガーピッキングならではの軟らかい音がすごく心地いい。スタンダード曲「酒とバラの日々」はウェスのスリリングなギターと渋いオルガンがかっこ良過ぎですね。ラストは甘いメロディーのバラード「フォー・ヘヴンズ・セイク」。ウェスの素晴らしいフィーリングは目を閉じて聴きたくなる。

ウェスのリーダー作の名盤はいろいろあるが、私はこの作品が最高傑作ではないかと考えている。ウィントン・ケリーのピアノとの相性もいいが、やっぱギターはオルガンとのほうが相性良く、また2人の素晴らしい演奏が最大限の魅力を発揮することに成功してるかと思います。

■メンバー
ウェス・モンゴメリー (g)
メル・ライン (org)
ジミー・コブ (ds)

■曲リスト
1. Besame Mucho
2. Dearly Beloved
3. Days of Wine and Roses
4. The Trick Bag
5. Canadian Sunset
6. Fried Pies
7. The Breeze and I
8. For Heaven's Sake
9. Besame Mucho (take 2)
10. Fried Pies (take 1)

« 新潟銘酒「久保田 萬寿」に文字をエッチング | トップページ | Wynton Kelly - Kelly Blue (1959年) »

ウェス・モンゴメリー」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟銘酒「久保田 萬寿」に文字をエッチング | トップページ | Wynton Kelly - Kelly Blue (1959年) »