« 暑いのか寒いのかよく分からない。けど焼酎は旨い。 | トップページ | Milt Jackson and Wes Montgomery - Bags Meets Wes (1962年) »

2012年10月20日 (土)

The Wes Montgomery Trio (ザ・ウェス・モンゴメリー・トリオ) 1959年

Wes_montgomery_trio

The Wes Montgomery Trio (ザ・ウェス・モンゴメリー・トリオ) 1959年

ウェスの初期の傑作。ギター、オルガン、ドラムによるトリオ作で、ブルージーな曲が多く、演奏も非常に渋いのが特徴の作品です。ウェスのギターがたくさん聴けるので、得意のオクターヴ奏法をじっくり堪能できます。

スタンダードな「ラウンド・ミッドナイト」「イエスタデイズ」「ウィスパー・ノット」は非常にうれしい選曲で、ウェスのオクターヴ奏法とメルヴィン・ライン(メル・ラインかな?)のオルガンのベース音が響き渡るともう最高です。メルヴィンのオルガンはウェスのギターと相性が良く、「ボス・ギター (1963年)」でも素晴らしいプレイを聴かせてくれます。

ゆったりとした曲が多いのでちょっと地味に感じるとこもありますが、ゆっくり聴くに最高の作品ですので、夜ちょっと寝る前ぐらいに聴くといい気持ちになります。

■メンバー
ウェス・モンゴメリー (g)
メルヴィン・ライン (org)
ポール・パーカー (ds)

■曲リスト
1. Round Midnight
2. Yesterdays
3. The End Of A Love Affair
4. Whisper Not
5. Ecaroh
6. Satin Doll
7. Missile Blues
8. Too Late Now
9. Jingles
10. Satin Doll (Take 5)
11. Missile Blues (Take 5)

« 暑いのか寒いのかよく分からない。けど焼酎は旨い。 | トップページ | Milt Jackson and Wes Montgomery - Bags Meets Wes (1962年) »

ウェス・モンゴメリー」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑いのか寒いのかよく分からない。けど焼酎は旨い。 | トップページ | Milt Jackson and Wes Montgomery - Bags Meets Wes (1962年) »