« Wynton Kelly - Kelly Blue (1959年) | トップページ | Paul Chambers - Bass On Top (1957年) »

2012年10月27日 (土)

Paul Chambers Quintet (ポール・チェンバース・クインテット) 1957年

ポール・チェンバース・クインテット

Paul Chambers Quintet
ポール・チェンバース・クインテット (1957年)

名ベーシスト、ポール・チェンバースのリーダー作2作目。名盤「ベース・オン・トップ」と並ぶ名盤と言える作品で、ベースがリードをとるという異例の演奏がここでも聴けます。

注目はベニー・ゴルソンの「マイナー・ランダウン」や、スタンダード曲「朝日のようにさわやかに」での歌うかのようなリード・ベースは今聴いても斬新だが、けして変な感じになってないのがおもしろい。リードから一転バックに回るスリリングな演奏もよい。

この作品は次作「ベース・オン・トップ」と比べて実験的な要素は低くオーソドックスな感じなので聴き易いです。作品としての完成度はなかなか高く、チェンバースが残した数少ないソロ作の中では最高傑作と言ってもいいかもしれません。知名度では「ベース・オン・トップ」が上ですが、私はこのクインテットが好きですね。

■メンバー
ポール・チェンバース (b)
ドナルド・バード (tp)
クリフ・ジョーダン (ts)
トミー・フラナガン (p)
エルヴィン・ジョーンズ (ds)

■曲リスト
1. Minor Run-Down
2. The Hand of Love
3. Softly As in a Morning Sunrise
4. Four Strings
5. What's New
6. Beauteous
7. Four Strings (alternate take)

« Wynton Kelly - Kelly Blue (1959年) | トップページ | Paul Chambers - Bass On Top (1957年) »

ポール・チェンバース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Wynton Kelly - Kelly Blue (1959年) | トップページ | Paul Chambers - Bass On Top (1957年) »