« Bill Evans Trio - Waltz for Debby (1961年) | トップページ | 大量のジャズCDと銘酒のセットで秋を楽しむ »

2012年10月10日 (水)

Bill Evans Trio - Sunday At The Village Vanguard (1961年)

ビル・エヴァンス Sunday At The Village Vanguard

Bill Evans Trio (ビル・エヴァンス・トリオ)
Sunday at the Village Vanguard (サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード) 1961年

「Waltz for Debby」と並び人気があり、同日に録音された作品でもあります。ジャズの名門クラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」で録音された名作は多々あるが、ビル・エヴァンスがやっぱ最高ですね。ビルの追い求めてたトリオの完成形はいつ聴いても感動させられる。

全体的に「Waltz for Debby」に比べてテンション高めな演奏が多くカラッとした曲が多い。エヴァンスが後ろにまわる時間が多く、その分ラファロのベース・ソロがけっこう長いです。「Waltz for Debby」は完成度高い作品だが、楽しめると言ったら分かり易い「Sunday At The〜」のほうかもしれません。

個人的におすすめなのは「Solar」で、テンポが良い曲なのでラファロのソロは聴いてて楽しい。あと必ずピックアップしないといけないのは「Alice In Wonderland」でしょう。エヴァンスのディズニーシリーズはどれも好評だが、曲の良さもあるかもしれないがこれが一番でしょう。個人的には「Interplay」1962年での「When You Wish Upon A Star」もけっこう好きだったりします。あと注目しとく点は「Gloria's Step」「Jade Visions」はラファロが残した曲ということ。こういったとこでも才能があったんですね。

前回に続き、ビル・エヴァンスの名ライヴ作品を取り上げましたが、レビューがヘタなのでうまく魅力が伝わってないかもしれません。とりあえず見て頂いてCDを買う気になったのならどのバージョンがいいか迷うはずです。一番無難なDSDリマスター盤は音質の良さとボーナストラックが全部後ろにあるので同じ曲が連続してないとこが良い点です。輸入盤はものによるかもしれないが、Take1、Take2と並べられてたりしますのでライヴ感が薄まります。あとこの日のライヴを全曲収録した3枚組コンプリート盤も出てます。コンプリート盤まだ持ってないので手に入れたいとこです。

■メンバー
ビル・エヴァンス (p)
スコット・ラファロ (b)
ポール・モチアン (ds)

■曲リスト
1. Gloria's Step (Take 2)
2. My Man's Gone Now
3. Solar
4. Alice in Wonderland (Take 2)
5. All of You (Take 2)
6. Jade Visions (Take 2)
7. Gloria's Step (Take 3)
8. Alice in Wonderland (Take 1)
9. All of You (Take 1)
10. All of You (Take 3)
11. Jade Visions (Take 1)

« Bill Evans Trio - Waltz for Debby (1961年) | トップページ | 大量のジャズCDと銘酒のセットで秋を楽しむ »

ビル・エヴァンス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Bill Evans Trio - Waltz for Debby (1961年) | トップページ | 大量のジャズCDと銘酒のセットで秋を楽しむ »