« Charles Mingus 「Mingus At Carnegie Hall」 1974年 | トップページ | お酒のボトルに彫刻文字 »

2012年8月 6日 (月)

Red Garland Trio 「Groovy」 1957年

Red Garland Groovy レッド・ガーランド・トリオ グルーヴィー
Red Garland Trio (レッド・ガーランド・トリオ)
Groovy
グルーヴィー (1957年)

マイルス組の一人、レッド・ガーランドのソロ3作目。ルディ・ヴァン・ゲルダーのスタジオで録音されたジャズの名盤のひとつ。個人的に大好きなトリオ作のひとつです。

レッド・ガーランドは凄腕という訳ではないため過小評価されてますが、協調性のある演奏は聴く者の心を穏やかにするといった感じの魅力があります。強い個性を持ってはないが、その演奏はとても『ジャズ』と感じさせてくれるとこも好感が持てる。

この作品が名盤となるにバック陣の存在も大きい。ポール・チェンバース (b)、アート・テイラー (ds) というそりゃ反則だと言いたくなる強者がバックだから2人の名前を見たとき名盤確定と思った。チェンバースもテイラーも素晴らしい演奏で、とくに良いベースを弾いてるチェンバースの音がよく耳に入ってくる。ということでバックの2人の作品になってしまいそうだが、みんな同じラインに立っているように思えます。そんな風にできるのがガーランドの隠された腕前だったりして?

さて1曲目は名曲「Cジャム・ブルース」。この1曲に尽きると言う人は少なくない。前回のミンガスの記事でもお伝えしたが、この曲はデューク・エリントンの名曲のひとつで、ガーランドのは原曲よりブルージーになっている。チェンバースの気持ちの良いベースラインと、テイラーの渋いドラムも最高で非常にクールな1曲です。

続く2曲目バラード曲「Gone Again」はチェンバースのベースが目立つが、ガーランドの軟らかいピアノのタッチがなかなか素晴らしい。4曲目「Willow Weep For Me」のスローなブルースも心地が良く、こういった曲が似合ってるかと思う。

ラスト「Hey Now」は「Cジャム・ブルース」のようなスィンギーな曲で後味スッキリ。ルディ・ヴァン・ゲルダーの素晴らしい録音も非常にグッジョブです。トリオが好きな人はぜひ。

■メンバー
レッド・ガーランド (p)
ポール・チェンバース (b)
アート・テイラー (ds)

■曲リスト
1. C-Jam Blues
2. Gone Again
3. Will You Still Be Mine?
4. Willow Weep For Me
5. What Can I Say After I Say I'm Sorry?
6. Hey Now

« Charles Mingus 「Mingus At Carnegie Hall」 1974年 | トップページ | お酒のボトルに彫刻文字 »

レッド・ガーランド」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738496/46592308

この記事へのトラックバック一覧です: Red Garland Trio 「Groovy」 1957年:

« Charles Mingus 「Mingus At Carnegie Hall」 1974年 | トップページ | お酒のボトルに彫刻文字 »