« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の10件の記事

2012年8月29日 (水)

Bud Powell - The Scene Changes (The Amazing Bud Powell) 1958年

Bud_powell_the_scene4
Bud Powell (バド・パウエル)
The Scene Changes (The Amazing Bud Powell) 1958年

The Amazingシリーズ5作目で、シリーズ最後となる作品です。暗い表情のバドとその後ろから顔をのぞかせるバドの息子(アール・ダグラス・ジョン・パウエル)の写真が非常に印象的なジャケットだが、ここから想像できるように作品全体的にマイナー調の曲が多く、重い雰囲気が漂っている。バックは安定感抜群のポール・チェンバース (b)とアート・テイラー (ds)が務めている。

バドは1950年代に麻薬やアルコールの中毒に苦しんでおり、病院の入退院を繰り返しつつも素晴らしい作品をいくつか残している。この作品では本調子とは言えないように感じるが、作曲のセンスは最高潮に達していたと思う。すべてオリジナル曲で、親しみ易いメロディーが多いので人気があります。

まず1曲目「Cleopatra's Dream (クレオパトラの夢)」はバドの代表曲。エキゾチックでメロディックなこの曲は、一度聴けばそのメロディーに惚れ込んでしまう。2曲目から4曲目まで重いメロディーの曲が続く。暗いけど上品な感じなのはバドらしいと言っていいだろうか?。個人的にはこのあたりも大好きです。暗いのから一転「Borderick」はカラッとした陽気なメロディーの曲。拍子抜けしそうだが、気分を替える良いスイッチかなと思う。

全体的に印象に残る曲が多く、初心者でも分かり易い内容です。ジャズの入り口としてオススメのひとつです。

■メンバー
バド・パウエル (p)
ポール・チェンバース (b)
アート・テイラー (ds)

■曲リスト
1. Cleopatra's Dream
2. Duid Deed
3. Down With It
4. Danceland
5. Borderick
6. Crossin' The Channel
7. Comin' Up
8. Gettin' There
9. The Scene Changes

吉四六(きっちょむ)さんと麦焼酎

大分の麦焼酎と言うとSMAPの中居正広が好きな「いいちこ」が最近頭に浮かびます。TV番組「中居正広の怪しい噂の集まる図書館」での利き酒で泥酔したのを見て、この人も酒入ったらヤバそうだなと思った。「安心院蔵(あじむくら)」が「いいちこ」に似てると言ってたが本当かどうか試してみたいところ。

さて、ご紹介するのは二階堂の麦焼酎「吉四六(きっちょむ)」。

二階堂 麦焼酎 吉四六 きっちょむ
二階堂 麦焼酎「吉四六 (きっちょむ)」

一休さんと並びとんちで有名な吉四六さんから名前を取ったみたいで、調べてみるとなるほど、吉四六さんって大分の人だったんだね。Wikiを見るといくつか知ってるお話がありました。

陶器と瓶のタイプがあって、どちらもタヌキに持たせたい形で良いデザインです。見てるとなぜかお腹がへってくる。クセが無く香りも良くて、ストレートで飲むのもいいがいろんなもので割って飲む方法がネットでいろいろ紹介されてるので凄く楽しめる焼酎だと思います。

タヌキで思い出したが、タヌキではないがニホンカワウソが絶滅と判断されたのは残念でした。そういえば漫画「伝染るんです。」のカワウソくんはニホンカワウソなのだろうか?(たぶん着ぐるみだと思うけどね)

2012年8月25日 (土)

Miroslav Vitous 「Infinite Search 邦題:限りなき探求」 (1969年)

ミロスラフ・ヴィトウス インフィニティ・サーチ

Miroslav Vitous (ミロスラフ・ヴィトウス)
Infinite Search (インフィニティ・サーチ)
邦題:限りなき探求 (1969年)

ミロスラフ・ヴィトウスがウェザー・リポート結成1年前に発表したソロ第1作。久々にメンバーの名を見ると凄い面子だ。ヴィトウスの他に後にクロス・オーバー・ミュージックで名を轟かせるジョン・マクラフリン (g)、ハービー・ハンコック (el-p)の名がある。ドラムのジャック・ディジョネットもその後、名ドラマーの仲間入りに。

1969年というとマイルス・デイヴィスが問題作「Bitches Brew (ビッチェズ・ブリュー)」を発表した年で、ジャズがロックに、ロックはジャズに接近したフュージョン、クロス・オーバー・ミュージックの夜明けの年だ。この「Infinite Search」もそんな時代の空気を読んで作られたかと思う。エレクトリック・ジャズと言うよりジャズ・ロックな作品です。

さて1曲目はエディ・ハリスの名曲でマイルスもカヴァーした「Freedom Jazz Dance」。マイルスのヴァージョンを基にしてると思うが、ヴィトウスのヘヴィなベースと、マクラフリンのノイジーなギターでとてもロック色が強い。ヴィトウスのベースを叩いているかのような斬新なプレイは圧巻。マクラフリン、ハービーも形に捕われない自由奔放的な演奏で先進的な音を出している。まさに「限りなき探求」の成果が出た作品でしょう。忘れちゃいけないジャック・ディジョネットのドラム。綺麗な音を出すドラマーと言われてる通り、大人しい曲でのドラミングはとても素晴らしい雰囲気を作り上げてる。後半のジョー・チェンバースのドラムもジャックに劣らず素晴らしい。彼もまた巨匠の一人だ。

どの曲も今聴いても斬新でおもしろいのだが、聴き手は少し選ぶかもしれない。ジャズ・ロックやプログレッシヴ・ロックが好きな人には合うかと思います。ついでにこの作品は「Mountain In The Clouds」のタイトルで出てたことがあります。違いは曲順が異なることと、オリジナル未収録曲「Cerecka」が入ってること。さらに音の配置も違います。現在はワーナーがリマスターし、オリジナルの曲順プラス「Cerecka」も収録されておりベストな形になっています。これもまた音の配置がまた変わってます(笑)。

■メンバー
ミロスラフ・ヴィトウス (b)
ジョン・マクラフリン (g)
ハービー・ハンコック (el-p)
ジョー・エンダーソン (ts)
ジャック・ディジョネット (ds)
ジョー・チェンバース (ds)

■曲リスト
1. Freedom Jazz Dance
2. Mountain In The Clouds
3. When Face Gets Pale
4. Infinite Search
5. I Will Tell Him On You
6. Epilogue
7. Cerecka

2012年8月23日 (木)

Emil Viklicky Trio 「Sinfonietta」 2009年

Emil_viklicky_trio
Emil Viklicky Trio (エミール・ヴィクリッキー・トリオ)
Sinfonietta (シンフォニエッタ)2009年

チェコのピアニスト、エミール・ヴィクリッキーが祖国のフォーク・ソングとジャズを融合したトリオ作。ヴィーナス・レーベルの中で一番好きな作品です。ベースは最近いろんなとこでその名を目にするジョージ・ムラツ。彼の素晴らしいソロもたっぷり聴けますので注目。

収録曲の中でいくつかヤナーチェクの作品を取り上げている。ヤナーチェクはチェコを代表する作曲家で、モラヴィアのフォークソング調査にも力を注いでいたらしいです。村上春樹の「1Q84」でヤナーチェクの「シンフォニエッタ」が登場したことでヤナーチェク・ブームがあったらしいですが、全然知らなかったです。で、ヴィクリッキーはヤナーチェクを敬愛、研究してるとこから「ジャズ界のヤナーチェク」と言われたらしいです。

さて、収録曲はどれもメロディアスで聴き易く、チェコのフォーク・ソングの持つ美しいメロディーは非常に耳に残る。ビル・エヴァンスが好きな人なら絶対気に入ると思いますが、マイナー・キーの曲が多いのでちょっと重いとこは好みが分かれるかも。でも曲はどれもほんと出来が良く、哀愁が好きな人にはたまらない作品です。

エミール・ヴィクリッキーについてネットで調べてもなかなか出てこないので、まだまだマイナーな存在なのでしょう。最近のジャズの中で一押しです。

■メンバー
エミール・ヴィクリッキー (p)
ジョージ・ムラツ (b)
ルイス・ナッシュ (ds)
ラコ・トロッポ (ds) {on Sinfonietta}

■曲リスト
1. 悲しみの桃の木
2. ホエン・アイ・ウォークト
3. ア・バード・フリュー・オーバー
4. ゴーン・ウィズ・ウォーター
5. 霧の中で~第4楽章
6. 熱望     試聴する
7. 去りゆく恋人
8. ファノシュー
9. スイート・ベイジル
10. シー・ワズ・ウォーキング・メドウ
11. イェヌーファ
12. シンフォニエッタ~第3楽章

新潟銘酒5本セット

「あさイチ」で健康食品で健康悪化というのを観て、健康食品だからといってなんでも口にしたらいかんなと思った。そういえば昔、ウコンのサプリ飲んで即下痢したことがある。お腹に合わなかったのかな?

お酒は?と言うと、ゾマホンがお酒は少量なら体にいいと言ってたので程々にしとけば健康にいいでしょう(笑)。

さて今日のお酒は新潟銘酒5本セット。

【送料無料】新潟銘酒ざんまい 5本セット飲み比べ
【送料無料】新潟銘酒ざんまい 5本セット飲み比べ

ほう、有名な銘酒がずらりと並んでますが、この商品のおもしろいところは箱が6本用というとこ。つまりあと1本同梱が可能なので、もう1本送料別なのを買っても送料無料になるので、ちょっとお得でしょう。

これだけ買うと程々どころじゃありませんね(笑)。

さて、休日になったらジャズのCD買いにいかねば。昼間は暑そうだな。熱中症に気をつけねば。

2012年8月15日 (水)

Chick Corea 「Now He Sings Now He Sobs」 1968年

Chick Corea Now He Sings Now He Sobs

Chick Corea (チック・コリア)
Now He Sings Now He Sobs (1968年)

後にリターン・トゥ・フォーエバー(以下RTF)を結成するピアニスト、チック・コリアのソロ2作目。アコースティック楽器のトリオ作だが、当時としては斬新な演奏と曲はスリリングでジャズの枠を少し越えているかと思う。メンバーはRTFと並ぶフュージョン・バンド、ウェザー・リポートの初代ベーシスト、ミロスラフ・ヴィトウスと、ベテラン・ドラマーのロイ・ヘインズという凄い顔ぶれ。この組み合わせで度々アコースティックの作品を出してるので、気になった方はぜひチェックを。

若きチックの演奏は深みは無いけれどテクニックや個性はしっかりしている。フリー・ジャズやラテン音楽の要素を入れたりととてもユニーク。チックと並び個性的なのがヴィトウスのベース。エディ・ゴメス並みにブンブン言わしているが、それに加えて独特な音を出してくる。音を聴けば一発で分かるぐらい個性的なのだ。こんな個性的な2人を支えるバックのヘインズのドラミングもまた素晴らしい。この次世代のジャズを苦も無く安定感良く叩きこなしている。

全体的に難解な音もあるかもしれないが、メロディアスかつちょっとシリアスな感じでけっこう何回か聴きたくなります。チック・コリアと言うとこの作品を上げる方は多いそうです。

■メンバー
チック・コリア (p)
ミロスラフ・ヴィトウス (b)
ロイ・ヘインズ (ds)

■曲リスト
1. Steps-What Was
2. Matrix
3. Now He Sings, Now He Sobs
4. Now He Beats The Drum, Now He Stops
5. The Law Of Falling And Catching Up
6. Samba Yantra
7. Bossa
8. I Don't Know
9. Fragments
10. Windows
11. Gemini
12. Pannonica
13. My One And Only Love

2012年8月 9日 (木)

The Dave Brubeck Quartet 「Jazz Impressions Of Japan」 1964年

デイヴ・ブルーベック・カルテット 日本の印象

The Dave Brubeck Quartet (ザ・デイヴ・ブルーベック・カルテット)
Jazz Impressions Of Japan
邦題:日本の印象 (1964年)

「Take Five (テイク・ファイヴ)」で有名なデイヴ・ブルーベック・カルテットが来日直後に録音した作品。さすがに日本特有のメロディーはものに出来ておらず、なんかチャイナ風もまざっているがなんとか日本のイメージを伝えたい気持ちが伝わってくるなかなか面白い作品に仕上がっている。5曲目以外はオリジナルです。

まず「Tokyo Traffic」はテイク・ファイヴ系の親しみ易く軽快なビートの曲です。「Rising Sun」は穏やかなバラード系で、ポール・デスモンドの軟らかいサックスの音色はとても癒されます。「Toki's Theme」はその名の通り鳥のトキだと思うが、イメージとはちょっと違うモンキーダンスが似合いそうなノリノリの曲です。このアルバムの中で一番光っているのは「Fujiyama」でしょう。これまた軟らかいサックスとピアノの音色が素敵で、メロディーも美しく非常に印象に残る。「Zen Is When」は禅ですね。これはイメージ通りで、ミステリアスなピアノのメロディーがなかなか面白い。「The City Is Crying」はブルージーで渋いスタンダードな感じの曲。「Osaka Blues」は「Tokyo Traffic」と似た曲調でかっこいいのだが、失礼かもしれないが吉本のあのメロディーが邪魔をして合ってないように思えてしまう。ラスト「Koto Song」はピアノを琴っぽく弾いてるとこが面白い。けっこう日本的メロディーになってるが、やっぱステレオタイプ的な感じがする。でもなかなかメロディーは美しい。

非常にユニークな作品でもう何回聴いたことか。テイク・ファイヴが収録されてる「Time Out」の存在が大き過ぎていろんな作品が埋もれてるようにも思えますので、ぜひこの作品も手に取って頂きたい。

■メンバー
デイヴ・ブルーベック (p)
ポール・デスモンド (sax)
ユージン・ライト (b)
ジョー・モレロ(ds)

■曲リスト
1. Tokyo Traffic
2. Rising Sun
3. Toki's Theme
4. Fujiyama
5. Zen Is When
6. The City Is Crying
7. Osaka Blues
8. Koto Song

2012年8月 7日 (火)

お酒のボトルに彫刻文字

台風の影響か寝苦しいです。ぜんぜん熟睡できずエアコンON/OFFの繰り返しです。夜中のオリンピックの試合を見終わってもなかなか眠れないのでかなりボロボロですが、盆休みまであとちょっとだからがんばらなくては。

さて、来月9月17日は敬老の日です。何かプレゼントをお探しの方にオススメなのがこのお酒。


エッチングボトル 芋焼酎 魔王 720ml

ボトルに文字を彫ってくれるというサービス付きでなかなか豪華です。ちょっとお高いですが、普通の物でもけっこうする品物ですね。名前やメッセージ、イラストなどを彫ることができるようで、サンプル写真にはいろいろ彫られてますが逆に日付無しとかイラスト無しの指定も可能のようです。

とりあえず上のリンクは魔王ですが、ほかにも有名な日本酒、焼酎、梅酒などが置いてあるので、いろいろ見るとおもしろいです。よさげなのはやっぱ魔王とか久保田 萬壽のザラザラとした質感の瓶が綺麗に見えますね。

制作に1週間ほどかかるとのことなので、購入する場合は気を付けないといけませんね。

そういえば魔王に似た「大魔王」ってのもありますが、どうやら魔王とは関係ないらしいです。「大魔神」があってもおかしくないですが、商標にひっかかるかな?あと杉田かおるは魔王を飲むことあるのか前から気になってます。

2012年8月 6日 (月)

Red Garland Trio 「Groovy」 1957年

Red Garland Groovy レッド・ガーランド・トリオ グルーヴィー
Red Garland Trio (レッド・ガーランド・トリオ)
Groovy
グルーヴィー (1957年)

マイルス組の一人、レッド・ガーランドのソロ3作目。ルディ・ヴァン・ゲルダーのスタジオで録音されたジャズの名盤のひとつ。個人的に大好きなトリオ作のひとつです。

レッド・ガーランドは凄腕という訳ではないため過小評価されてますが、協調性のある演奏は聴く者の心を穏やかにするといった感じの魅力があります。強い個性を持ってはないが、その演奏はとても『ジャズ』と感じさせてくれるとこも好感が持てる。

この作品が名盤となるにバック陣の存在も大きい。ポール・チェンバース (b)、アート・テイラー (ds) というそりゃ反則だと言いたくなる強者がバックだから2人の名前を見たとき名盤確定と思った。チェンバースもテイラーも素晴らしい演奏で、とくに良いベースを弾いてるチェンバースの音がよく耳に入ってくる。ということでバックの2人の作品になってしまいそうだが、みんな同じラインに立っているように思えます。そんな風にできるのがガーランドの隠された腕前だったりして?

さて1曲目は名曲「Cジャム・ブルース」。この1曲に尽きると言う人は少なくない。前回のミンガスの記事でもお伝えしたが、この曲はデューク・エリントンの名曲のひとつで、ガーランドのは原曲よりブルージーになっている。チェンバースの気持ちの良いベースラインと、テイラーの渋いドラムも最高で非常にクールな1曲です。

続く2曲目バラード曲「Gone Again」はチェンバースのベースが目立つが、ガーランドの軟らかいピアノのタッチがなかなか素晴らしい。4曲目「Willow Weep For Me」のスローなブルースも心地が良く、こういった曲が似合ってるかと思う。

ラスト「Hey Now」は「Cジャム・ブルース」のようなスィンギーな曲で後味スッキリ。ルディ・ヴァン・ゲルダーの素晴らしい録音も非常にグッジョブです。トリオが好きな人はぜひ。

■メンバー
レッド・ガーランド (p)
ポール・チェンバース (b)
アート・テイラー (ds)

■曲リスト
1. C-Jam Blues
2. Gone Again
3. Will You Still Be Mine?
4. Willow Weep For Me
5. What Can I Say After I Say I'm Sorry?
6. Hey Now

2012年8月 4日 (土)

Charles Mingus 「Mingus At Carnegie Hall」 1974年

チャールズ・ミンガス アット・カーネギー・ホール

Charles Mingus (チャールズ・ミンガス)
Mingus At Carnegie Hall
ミンガス・アット・カーネギー・ホール (1974年)

ベースの巨匠チャールズ・ミンガス。弦をブンブン、ズババッと独特な音を出すプレイで有名なベーシストだが、この1974年カーネギー・ホールでのライヴでは終止バックを支えるような演奏に尽くしているのだ。いつものような派手さは無くストレートに。なのにこの存在感はいったいなんなんだ?これがミンガスと言うしか無い。

曲目は全2曲で2つともジャム・セッションの定番曲。とくに1曲目デューク・エリントンの名曲「C JAM BLUES」はとても有名で、レッド・ガーランド・トリオのもかなりお気に入りの1曲です。この1曲目では管楽器奏者が数人入れ替わりながらジャムるのだが、この中の一人ローランド・カークの演奏が凄まじい。ロング・タイムで乱れ飛び交うような凄まじいソロを披露している。全体的な流れもよく、たぶんリーダー・ミンガスの計算通りだったでしょう。

Cジャムに続き「PERDIDO」もなかなか白熱の演奏。CDの音からは表情は見えないが、ミンガスはかなり楽しんでたに違いない。怒ってばかりの印象が強いミンガスだが、このベースの音からは笑顔が見えるような気がする。

■メンバー
チャールズ・ミンガス (b)
ジョージ・アダムス (ts)
ハミエット・ブルイエット (bs)
ジョン・ファディス (tp)
ジョン・ハンディ (as, ts)
ローランド・カーク (ts, stritch)
チャールス・マクファーソン (as)
ドン・ピューレン (p)
ダニー・リッチモンド (ds)

■曲リスト
1. C Jam Blues
2. Perdido

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »