« 新潟銘酒5本セット | トップページ | Miroslav Vitous 「Infinite Search 邦題:限りなき探求」 (1969年) »

2012年8月23日 (木)

Emil Viklicky Trio 「Sinfonietta」 2009年

Emil_viklicky_trio
Emil Viklicky Trio (エミール・ヴィクリッキー・トリオ)
Sinfonietta (シンフォニエッタ)2009年

チェコのピアニスト、エミール・ヴィクリッキーが祖国のフォーク・ソングとジャズを融合したトリオ作。ヴィーナス・レーベルの中で一番好きな作品です。ベースは最近いろんなとこでその名を目にするジョージ・ムラツ。彼の素晴らしいソロもたっぷり聴けますので注目。

収録曲の中でいくつかヤナーチェクの作品を取り上げている。ヤナーチェクはチェコを代表する作曲家で、モラヴィアのフォークソング調査にも力を注いでいたらしいです。村上春樹の「1Q84」でヤナーチェクの「シンフォニエッタ」が登場したことでヤナーチェク・ブームがあったらしいですが、全然知らなかったです。で、ヴィクリッキーはヤナーチェクを敬愛、研究してるとこから「ジャズ界のヤナーチェク」と言われたらしいです。

さて、収録曲はどれもメロディアスで聴き易く、チェコのフォーク・ソングの持つ美しいメロディーは非常に耳に残る。ビル・エヴァンスが好きな人なら絶対気に入ると思いますが、マイナー・キーの曲が多いのでちょっと重いとこは好みが分かれるかも。でも曲はどれもほんと出来が良く、哀愁が好きな人にはたまらない作品です。

エミール・ヴィクリッキーについてネットで調べてもなかなか出てこないので、まだまだマイナーな存在なのでしょう。最近のジャズの中で一押しです。

■メンバー
エミール・ヴィクリッキー (p)
ジョージ・ムラツ (b)
ルイス・ナッシュ (ds)
ラコ・トロッポ (ds) {on Sinfonietta}

■曲リスト
1. 悲しみの桃の木
2. ホエン・アイ・ウォークト
3. ア・バード・フリュー・オーバー
4. ゴーン・ウィズ・ウォーター
5. 霧の中で~第4楽章
6. 熱望     試聴する
7. 去りゆく恋人
8. ファノシュー
9. スイート・ベイジル
10. シー・ワズ・ウォーキング・メドウ
11. イェヌーファ
12. シンフォニエッタ~第3楽章

« 新潟銘酒5本セット | トップページ | Miroslav Vitous 「Infinite Search 邦題:限りなき探求」 (1969年) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟銘酒5本セット | トップページ | Miroslav Vitous 「Infinite Search 邦題:限りなき探求」 (1969年) »